自律神経ケア

自律神経ケアは乱れた自律神経を整える治療です。

薬に頼りたくない方体に不調がある方に施術を行います。

自律神経が乱れた状態とは、活動していないのに常に興奮状態だったり、不眠や疲労感、イライラが続いたりと体の不調状態のことを指します。本来、自律神経は自分ではコントロール出来るものではありません。自律神経は意志とは無関係に働く神経だからです。でも唯一整えるために、自分で出来ることがあります。それは「呼吸」。呼吸がちゃんと出来るようになると、乱れた自律神経が整っていきます。

自律神経ケアコース 価格 5000円

自律神経って何?

自律神経とは人が生きていくうえで大事な末梢神経です。日中活動する時、寝ている時に働く神経が自律神経。自分の意志とは無関係に働きます。

自律神経は2種類あり、交感神経副交感神経です。この2つの神経は相反する働きを持ち、生活に応じてどちらかの働きが強くなったり、弱くなったりして臓器や器官の働きを促します。

心臓、血圧、血管、瞳孔、気管支、発汗、消化運動、立毛筋などを自動コントロールする働きが自律神経の役割です。交感神経が働く時(優位)に副交感神経の働きは弱く、副交感神経が働く時(優位)は交感神経の働きは弱いとされます。

交感神経

体を動かす時に働く神経で日中優位になります。

例:運動時に酸素や血液が必要な時、拍動を高め血管を収縮し血液量を増やします。

交感神経副交感神経

副交感神経

体を休める時に働く神経で夜寝ている時やリラックスしている時に優位になります。

例:就寝時に拍動を低下させ心臓はゆっくり動き血圧が低下。瞳孔を狭くしリラックスして寝られる様にします。

交感神経副交感神経

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れている時の症状として、不眠、疲労感、肩こり、動悸、息切れ、イライラ、不安が現れます。こんな時は「あれ、おかしいな」と体がサインを出していると考えていいと思います。

原因としてストレス不規則な生活季節の変化生活面・環境の変化更年期障害などがあげられます。ストレスが体に過度にかかると交感神経が優位になります。心拍数を上げ血液の流れを良くします。瞳孔も開き、常に興奮状態。しかしこの興奮が続くと体には負担となり、疲労感や不眠、不安が出てきます。

また不規則な生活をしていると、体のリズムが崩れていきます。夜寝なければならない時間まで起きて、起きなければならない時間まで寝ていると、体内時計が崩れていきます。寝不足や食生活の乱れも自律神経にも影響を与えます。

この様なお悩みをお持ちの方はご相談ください。

・不眠が続き夜寝られない

・寝ても疲労感が取れず困っている

・いつも肩こりに悩まされる

・呼吸が浅く息切れし、呼吸しにくい

・イライラ、クヨクヨしてしまう

・学校に行けない子供

・朝起きられない子

自律神経ケアのメリット

・浅かった眠りが深くなる

・次の日の目覚めがいい

・肩周りが楽になり、気持ちがいい

・呼吸が深くなり、頭がスッキリする

・イライラ、クヨクヨがなくなる

自律神経ケア 価格 5000円

来院ペースと回数

・週2回のペースで3回、週1回のペースで3回程(軽度の場合)

・週3回のペースで2回、週2回のペースで2回、週1回のペースで3回以上(重度の場合)

*個人差があり、その都度改善具合をみて回数を決めていきます。
鎌ケ谷市の整骨院|はま整骨院は接骨、整体、マッサージが得意|開業21年 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-438-4870

Tel047-438-4870
タップして電話する

〒273-0116 千葉県鎌ケ谷市馬込沢3−43
東武アーバンパークライン(旧 東武野田線)馬込沢駅から徒歩2分

ページトップへ戻る